1. ホーム
  2. 安全マネジメント
安全マネジメント
平成25年度の目標
平成29年度 安全マネジメント (平成29年1月1日~平成29年12月31日)
経営理念

(1)安全確保の最優先が輸送事業者の使命であることを深く認識し、社長及び役員・社員一同が安全確保に最善の努力を尽くす。

(2)輸送の安全に関する法令及び関連する規程を道守し、厳正かつ忠実に職務を遂行する。

(3)安全管理体制を適切に維持するために不断の確認を励行する。

(4)輸送の安全に関する情報については、積極的に公表する。

輸送安全基本方針 (平成29年1月1日~平成29年12月31日)
『 輸送の安全の確保が最も重要であることを自覚し、輸送の安全性の向上に努める 』

株式会社 二葉観光運輸は、輸送の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、全社員が一丸となって、当社が展開する運送事業の全活動において、輸送安全基本方針に基づき以下の輸送安全活動を推進する。

1.社員一人ひとりの法令の遵守、及び安全最優先の原則の周知を図る。
2.輸送の安全に関する計画の作成、実行、チェック及び改善(PDCAサイクル)を確実に実施し、安全対策を不断に見直し、全社員が一丸となって輸送の安全性の向上に努める。
3.輸送の安全に関する情報については、積極的に公表する。
4.教育を通じて常に安全意識を高めること。
5.全社員一丸となって、全社員が安全第一の基本精神を共有し、安全に行動するために「あやうきに近寄らず」安全最優先の判断を周知・徹底。

事故に関する統計と達成状況
統計
28年度の目標を達成しました。

※上記は自動車事故報告規則第2条に基づく件数です

安全輸送に関する組織図及び事故・災害等に関する報告連絡体制
輸送の安全のために講じた措置および講じようとする措置
平成28年度は下記の重点施策を設定し、様々な取り組みを行ってまいりました。

(1)事故分析結果を活かした指導・教育の実施
・各種研修(新人運転士研修、適性診断研修等)への積極的な参加
・毎月の業務常会、個人面談等による安全に対する指導、教育の実施

(2)事故情報の共有化・活用
・重大事故の迅速な情報提供および共有化
・事故事例等に関する情報提供(各会議体、通達・警報の活用)
・危険箇所マップ等の活用

(3)安全意識の更なる向上
・毎月の業務常会、個人面談等による安全に対する指導、教育の実施
・道路交通法等遵守事項の配布、掲示による周知徹底

平成29年度の重点施策として下記項目を設定し、事故防止に努めてまいります。

(1)安全意識のさらなる向上

(2)完全輸送運動のさらなる活性化
・グループ討議の推進
・ヒヤリハット情報の活用
・改善提案の活用

(3)事故分析結果を活かした指導・教育の実施
・ドライブレコーダーを用いた映像での危険箇所の分析・教育。

平成28年度 輸送の安全に関する内部監査結果
内部監査実施月日・平成29年2月17日

監査結果
・デジタルタコメーターやドライブレコーダーのデータ活用に関し指摘有り。

指摘事項に基づく措置
・内部監査結果に基づき、指摘された事項について、修正追加等行ったほか、今後より一層の改善に関し検討を行う。

代表取締役 頼政宏志

二葉観光運輸フェイスブック
日本バス協会 貸切バス事業者安全性評価認定制度 Gマーク制度(貨物自動車運送事業安全性評価事業) 安全に関する基本方針
矢掛町役場 中世夢が原 矢掛町水車の里フルーツトピア 皆生温泉の旅館 皆生つるや